かっこいい子供の保育園
かっこいい子供の保育園
ホーム > 便秘 > 赤ちゃんの便秘を綿棒で解消する方法

赤ちゃんの便秘を綿棒で解消する方法

綿棒浣腸は赤ちゃんの便秘を解消する上でまずは試してみたい方法です。ご家庭にある綿棒を使って手軽に行うことができます。

 

特に離乳食前の赤ちゃんのようにうんちがまだ形になっておらず、やわらかい状態のときには効果が高いようです。

 

綿棒浣腸を始める前に最初に確認しておきたいことは、赤ちゃんの肛門のまわりに傷がないかということです。

 

便秘でウンチが固くなっているときは、肛門が切れていたり、傷がついていることもあります。このような時は綿棒浣腸はやめておき、小児科を受診しましょう。

 

用意するものですが、まずは綿棒1本(ベビー用ではないもの)、そして綿棒につけるベビーオイルかオリーブオイル、そしてオムツと床に敷く新聞紙です。

 

綿棒については、ベビー用では細くて折れやすいのと固さがかたいので不向きのようです。通常の綿棒を使います。

 

オイルは綿棒の先にたっぷりとつけてすべりをよくし、赤ちゃんのお尻に傷がつくのを防ぎます。

 

オムツと新聞紙は赤ちゃんのうんちが急に飛び出たときに汚れないように、赤ちゃんのお尻の下に敷いておきます。赤ちゃんのうんちはとてもやわらかいので、勢いよく飛び出ることも多いのです。

 

綿棒浣腸を行うタイミングとしては、授乳や食事の30分後ぐらいが腸が活発になっているので、最適のようです。

 

赤ちゃんを仰向けに寝かせてオムツ替えの時の体勢で行いますが、綿棒をお尻にさしているときに動くと直腸などを傷つけてしまいますから危険です。

 

赤ちゃんが動かないように、できるだけ2人がかりで行ない、一人は足をもって動かないように抑えてください。

 

一人でも片手で両足をもっておいて、もう片方の手で綿棒を動かすこともできますが、とてもやりにくい思います。

 

綿棒は先が隠れるぐらい(1.5~2cm程度)肛門に入れて、入れたままゆっくりと肛門を広げるようにまわしてみます。

 

うんちが出るまでだいたい2分を上限として行います。

 

それでも出ないときは、もう一セット行ない、それでも出ないならやめておきます。

 

綿棒浣腸はやり過ぎると、お尻を傷つけたり、炎症の原因となりますか長時間行ったり何度もやるのはやめておきましょう。

 

出ないときはうんちが硬くなりすぎているのかもしれません。このような時はグリセリン浣腸などを使ってうんちをやわらかくする必要があるようです。オリゴ糖シロップは赤ちゃんに与えていいの?