かっこいい子供の保育園
かっこいい子供の保育園
ホーム > 便秘 > 妊婦は便秘とつわりのダブルパンチに注意

妊婦は便秘とつわりのダブルパンチに注意

繰り返し吐く場合は、体内水分が枯渇しやすくなります。

水分の補給を忘れないでちょーだい。

いっぺんに飲めそうにないなら、ちょこちょこ飲んでちょーだい。

さわやかに飲めるレモン系の味の飲料水を試してみましょう。

 

身ごもった際は平常より睡眠を多くとるように心がけましょう。

 

昼間に少し休息をとるといいだと言えます。生理のある女性については、妊娠とは無関係に貧血気味の人はまあまあの数に上ります。妊娠によって、30~40%は貧血といった診断が出ます。

 

妊婦の場合は赤ちゃんが体内で自分の血液を創ろうとママの体内の鉄分を必要とします。そうなると母体のほうは必然的に鉄分不足になります。

 

 

 

これを鉄欠乏性貧血というのです。

妊娠して28~31週付近でよくみられます。

何か打ち込めるものがあると、つわりの症状もおさまるかもしれません。

 

会社勤めの人なら、業務に打ち込むことで忘れられるかもしれません。

あるいは好きなことに考えたり、友達と気軽に話すと、その瞬間は割と楽に過ごせるかもしれません。外の空気を吸うだけでも気もちが変わります。

 

海辺や高台など眺めの良いスポットでゆっくりと時間をとるようにすれば気もちが楽になります。貧血からママの心臓にダメージが起き、ドキドキ、ゼイゼイすることがあります。時折、めまいがしたり、立ちくらみを感じるかもしれません。立ちどころに疲れが出て、だるさも感じたり、顔色も青くてゲンキなく見えます。母親の貧血があってもすぐすぐ赤ちゃんの成長に支障はありません。

とはいっても、貧血の期間が長期に及ぶと、おなかの赤ちゃんの発育も妨げられる怖れがあります。それにママの健康も損なわれます。

 

 

 

妊娠中は便秘になりやすい傾向があります。分泌が活発化するプロゲステロンのせいで大腸の蠕動運動が弛緩するのと、増大する子宮の大きさに直腸持つぶされ、働きがゆるくなってしまうために起きるようです。オリゴ糖で妊婦に人気のもの集めました

 

親になることの心配をしてしまうなど精神的な要素が関係している場合もあります。

活動する時間が減少するのも便秘を招く要因になります。

つわりで体の動かないときは、今はおなかの赤ちゃんの栄養に悪影響はないので、喉にスルスル入っていきそうなものをいけそうなときに口に入れるようにしましょう。家の人持つわりの妊婦さんのいるときは、食べる物に注意して具合の悪くなるものは避けるようにしましょう。

 

そしてどういうことか、自分の手で調理したものより他人が調理したもののほうがすんなり食べれます。

妊娠悪阻は目が覚めたばかりの胃に何もない時に体調不良に変わるのが珍しくありません。手の届くところに煎餅などおやつを設置しておき、起きてしまう前にチョット食べるならムカムカしなくなります。

昼間もグーグーおなかが鳴らないよういつも軽く食べておくといいみたいです。

例えば唐揚げや魚類は難しくても冷した食べ物やスッパさのあるものはスッと食せます。便秘によってガス腹になったり、気分が悪くなったり、おならが頻繁に出たりします。

 

 

 

それに便秘だけでなく、悪阻も起きると何も食べれなくなります。

 

 

 

加えて、お通じの悪さから痔になるケースも多いですから、お通じを良くすることが重要です。

便秘を避けてるには、便意があるのにお手洗いを我慢しないことです。

 

 

 

決めた時間になったらとりあえずお手洗いに行くようにルーティンを作りましょう。