かっこいい子供の保育園
かっこいい子供の保育園
ホーム > 便秘 > 便秘で苦しむ子どもたちの本当のところ

便秘で苦しむ子どもたちの本当のところ

 

子ども(小学生)の便秘は急増しています。少し前のデータでは小学生の約4割が便秘がちなことを悩んでいるそうです。

 

単にスッキリ感じていないだけでなく「悩んでいる」というところに深刻さが表れています。小学校に通う子どもたちにとっては、便秘や排便に関することは、大人以上にデリケートで根の深い問題なのです。

 

中には親にも相談できずに、一人でつらい思いをしながら我慢してる子もいると聞きます。

 

子供のトイレに関する問題がこのような難しい状況になってきている原因のひとつに、学校でのトイレ環境があります。

 

調査では、小学生の約7割が学校のトイレでは排便をしないそうです。学校の便所が汚かったり、友達から冷やかされることや恥ずかしさがネックとなっているようです。

 

しかし、排便を我慢し続けて過ごすことは健康面でも心理面でも子どもにダメージとなります。

 

また、便秘は口臭や体臭の原因となり、おならも臭くなります。そのことが原因となっていじめられるということもあるようです。

 

潔癖な子供たちが増えている中で、学校で排便もできず、また我慢するために便秘になり、体臭のせいでいじめられるのを心配する、そのような大変な環境におかれているのが今の子どもたちなのです。子供用 青汁