かっこいい子供の保育園
かっこいい子供の保育園
ホーム > 乳酸菌 > 口臭予防になる乳酸菌とは?

口臭予防になる乳酸菌とは?

乳酸菌タブレットは口臭予防に有効と言われています。

 

それは、主に口臭の原因となる歯周病や虫歯を防ぐ効果が乳酸菌にあるからです。

 

歯周病は細菌であるジンジバリス菌などによって引き起こされます。このジンジバリス菌は悪玉菌であり、これらが活発に働くと腸内と同じように腐敗物質が増えるようになってしまいます。

 

そして、次第に歯肉などの組織を破壊して炎症を起こすのです。

 

このことによって、歯と歯ぐきの隙間はより深くなって汚れやカスが入り込み、その中でジンジバリス菌が増殖して腐敗臭を放つようになります。

 

一方、善玉菌である乳酸菌は、ジンジバリス菌よりも早いスピードで増殖して乳酸を生み出し、それがジンジバリス菌を退治することで歯周病を防ぎます。

 

また、虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖を抑えるので、虫歯予防にも有効なのです。

 

さらに、便秘などによる腸内環境の悪化も口臭の原因となることがありますが、乳酸菌を摂取し続けることで、この面でも改善を期待できます。

 

こうした口臭予防目的の乳酸菌タブレットは幾つかの企業より発売されており、最近人気が高まっているのは株式会社フレンテ・インターナショナルの「スーパークリッシュ」です。

 

この乳酸菌タブレットは、乳酸菌LS1を使用しており、LS1はヒト臨床試験で口臭の減少効果が認められています。オリゴ糖とヨーグルトの驚くべき効果とは